« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月25日 (水)

理系男たちへのレクイエム

『CHOKI CHOKI』って雑誌知ってます?

ほら あのオシャレキングとかが載ってる髪の雑誌ね。

その中に通称『恋チキ』と呼ばれる『恋のチキンボーイ脱出手引書』っていう、女の子のホンネとやらが載ったコーナーがあるんですけれども、

それをパラパラと読んでたの。

 

  

もう目を疑ったね。

 

 

 

『理系の男のコって勉強しかできないんじゃないの?

ジョークがスベりっぱなしで30分いっしょにいるのが苦痛。

で、すごくつまらなかったのに、また会おうとか平気で言うし。

ありえないでしょ~』    (M・20歳)

 

 

 

 

 

・・・・・・。

Σ( ̄□ ̄;

 

 

 

ちょ! 

理系男子はただでさえ出会いがないというハンデを背負ってるにも関わらず、

こんな負のレッテルまで背負わなけりゃいけねぇの!?

少し酷すぎねぇ?

 

もうね、めっちゃ誤解ですから!

それ先入観丸出しですから!!

 

いや 確かにね、

こないだトイレの中で用を足しながら尿素の成分について語り合ってる理系男子2人組みを発見したときはね、

さすがにおれも

『うわぁ・・・・・・・』

と思いましたよ。

 

でもね、そんな人ばかりじゃないの!

おれの友達の理系男子にも間違いなくいい男がいっぱいいるの!

にも関わらず、彼らは恋をしては一人また一人と志半ばにしてその淡い恋心をどこかに置いてきてしまってるの。

そして彼らはショボくてチャラいだけの文系男と可愛い女の子が仲良さげに歩いているのを見ては、

 

『違う!! あれはデート商法だ!!!

あの男は今から高い壷を買わされるんだ!!』

 

って思い込むしかないの。

 

でもね、秋が深まり 冬の足音が近づいてきたこの季節においてはその思い込みだけでは自分を納得させるのに十分じゃないの。

 

というわけで全ての可愛い女の子に理系男子の素晴らしさを理系男子を代表して伝えていきたいと思います。

  

 

まずね、理系男子ってのは忙しいの。

もう隙あらば研究だの実習だのプログラミングだのレポートだので。

 

『え それってマイナスじゃ・・・?』

とか思った女子の皆さん。

   

まだまだ甘いです。

   

理系男子というのは通常 文系学生と授業の教室が隔離されています。

それに加えてこれだけ忙しいとなると、事実上 大学へは家との往復のみになります。

ということは・・・?

 

そうです。

こんな毎日なので出会いもナシ! モテもナシ!

    

『いや、 だからそれはマイナス・・・・・』

とか思った女子の皆さん。

 

甘すぎます。

 

理系男子の中にはこんな状況でくすぶってるいい男もたくさん存在するのです。

 

ということは・・・・・・?

 

そうです!

彼らは確実に浮気をしないのです。

『彼氏の浮気に疲れた・・・・』

とか言ってる可愛い女の子にはこれを機に理系男子に乗り換えることを強くオススメします。

  

  

『でも忙しくて会えないんじゃ・・・・?』

とか思った女子の皆さん。

 

甘い! 非常に甘い!!

 

ただでさえ出会いもモテもない彼らが自分の好きな人に会うために時間を割かないハズがあるでしょうか?

もうあらゆる冠婚葬祭をでっちあげてでも貴女に会いにいくと思われます。

 

そうです。

理系男子は基本的に超一途なのです。

それは大学になってもひたすら数学やら物理やらに打ち込むその熱心な態度からも伺うことができるでしょう。

 

 

それに加え、可愛い女の子への朗報があります。

 

そうです!

可愛い女の子にとって理系男子は非常にオトしやすいのです。

なぜなら理系男子は研究等に必死なために、どんどん可愛い女の子への免疫がなくなっているのです。

おそらく 可愛い女の子が理系男子と目が合わした後に恥ずかしそうに目をそらすだけで、

その理系男子は貴女への恋に落ちると思われます。

ていうか 落ちます。

 

注意としては、理系男子は初めはクールを装って冷静を保とうとします。

ただ これは貴女に興味がない訳ではなく、貴女の可愛さにどうすればいいかわからなくなっているだけなのです。

貴女がその辺をきちんと理解して変わらず理系男子に接してあげれば後はもう時間の問題です。

彼らはもう貴女の虜です。

一途に貴女だけを愛すでしょう。

  

 

 

さぁ パソコンの前の貴女!

今すぐ文系男子から理系男子に乗り換えることをオススメします。 

あなたの恋をお手伝いします。

 

  

 

 

 

  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

理系男子のための出会い系サイトとか作ったら儲かるだろうなぁ・・・・・。

| | コメント (27) | トラックバック (1)

2006年10月 5日 (木)

お兄系ではない。

主張したいことがある。

そうだ。

 

おれはお兄系ではない。

 

 

・・・・・・・。

いやね、まぁ確かに微妙なライン上をいってると思うよ。

でも違うの。

おれはお兄系ではないの。

むしろセレカジなの。

セレブカジュアルなの。

 

それに買う雑誌とかも『mens egg』とかじゃないの。

『Safari』っていうジュンク堂とか行かないと売ってない超マイナーなセレブ雑誌なの。

参考までに、それがどんな雑誌かというと

ハリウッドスターやミュージシャンのファッションをとりあげている

おれらぐらいの世代の男を『小僧』と呼ぶステキ雑誌なの。

アンチエイジングの特集とかやってたりするの。

  

  

 

でもね、こんな雑誌を読んでるにも関わらず、

先日服屋の前を通ったとき店員がおれにこう言ったの。

 

 

店員『お兄系にも似合う服ありますよ!』

 

  

Σ( ̄Д ̄;)

違う。

違うの。

おれはお兄系ではないの。

 

にも関わらず、

 

 

  

初対面の女の子『えっと・・・・ お兄系??』

 

  

 

 

えっと・・・・・。

 

そろそろヘコむぞっと。

 

 

 

でもね、やっぱりそこはポジティブシンキングのおれ。

もしかしたらお兄系っておれの考えてるようなイメージ(mens eggみたいな)じゃないんじゃねぇの?

そうだ!

きっとそうに違いない!

よし! ネットで検索だ!!

 

 

えっと・・・ yahoo!で『お兄系』っと・・・。

お!

 

以下 http://taf5686.269g.net/article/1477737.html から引用。

■お兄系とは

 簡単に言うと、いわゆるお姉系(赤文字雑誌系)のファッションの男性バージョンで、「セレブの模倣(真似)+モテ」が基本。具体例を上げるとベッカムやホストの服装。要するにハイブランドで身を固め、モテを意識した着こなしがお兄系です。いちおう現在は「正統派(ゲイナー的)お兄系」と「ギャル男(メンエグ)的お兄系」の大きく2つに分類できます。

・正統派(ゲイナー)的お兄系

 雑誌でいうとゲイナー。ホストに近いファッション。「ハイファッション系」と「きれいめ系」を足して2で割ったような感じで、わりと上品な色気がありソフトな印象。 CanCamやJJによく登場する男性のファッションがこれ。芸能人だと坂口憲ニさんや速水もこみちさんとか。

・ギャル男(メンエグ)的お兄系

 雑誌でいうとメンズエッグ。渋谷センターGUYよりというか、今風の表現をすると、正統派お兄系に“チョイワル”を加えた感じ。精神、髪型、肌の色はギャル男で、ロックっぽいというかハードな印象。世にいうお兄系はこちらを指す場合が多い。なお昨年、「デリッカー」というギャル男(汚)的お兄系の派生が大流行したけど、人気は早くも下降気味。有名人はメンエグモデルの皆様。

  

引用終わり

 

 

えっと・・・・

あれ??

なんかマヂで違ってたぽいんですけど?

あながち お兄系じゃないと主張できなくなってきたんですけど?

おれがお兄系でないことを主張するためだけに書き始めたのにその目論見が早くも崩れ去ろうとしてるんですけど?

 

 

・・・・・・・・・・。

そうか! 

とりあえず あくまで自分がセレカジであることを主張しつつ、ギャル男的お兄系でないと主張すれば良いのか!

めっちゃ余裕やん!

 

 

 

 

  

~先日のエピソード(大学の食堂にて)~

 

おれと友人がゴハンを食べてるとき

 

友人H『あ おれのサークルの女の子や! あの子めっちゃおもろいねん!』

 

おれ『そうなん?』

 

友人H『(その女の子に向かって)お~い!』 

 

女の子は軽く会釈するのみ。

 

友人H『?? 何でやろ?』 

 

 

~そして翌日~

 

友人H『昨日の女の子の行動が何でか分かったで!』

 

おれ『ん 何で?』

 

友人H『何かお前が怖かったらしい。あと、こんな事も言ってた。』

    

   

  

   

女の子『えっと・・・・ あの人ってギャル男?』

 

 

 

エピソード終わり

 

 

 

  

  

 

えっと・・・・  セレカジと主張するなんて余裕だよね??

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »